エリゼ館便り 

elize.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 06日

早春の弦楽四重奏 

 長府教会の方が招待してくださった三木妙子さんとお友達からなるピグローネクァルテットの弦楽四重奏コンサート。補助席まで満席の土曜の午後のコンサートに。
c0012470_22513586.jpg
c0012470_22515887.jpg

 ピグローネクァルテットのピグローネは、イタリ―語で「なまけもの」という意味です。・・と三木先生。長い間活動されていたアンサンブルボアをOFFにし、ゆったり演奏されているとのこと。でもそこは、実力のあるプロの方々、「皇帝」の演奏は迫力あってもう一度聴きたい。練習曲発表というのに、沢山集まったファンに驚かれたようです。アンコール曲も含め、たっぷり充実したひとときでした。
c0012470_2252824.jpg

2種類の沢山のシフォンケーキと紅茶・コーヒーが別室で用意されていました。こちらのシフォンケーキは絶品・・と、聞いていたので私も早速いただきました。
c0012470_2252203.jpg
c0012470_22523376.jpg
[
c0012470_2252534.jpg

もう春ですね。

by elizekan | 2011-02-06 22:57 | 催し | Comments(0)


<< ワインの話題      新しいお店のご紹介 >>