エリゼ館便り 

elize.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 16日

忙しい1日- 2

 薔薇の講座はおわったけれど、19日の花束づくりについて、H&G研究所の原田さんと話し合い。18日に材料を用意して、当日28束、仕上げることになりました。
 この日のお客様の中にはこういう方も・・・
c0012470_227364.jpg

結婚式のシーズンですね。知った方のお嬢さんだったので、エリゼ館の技術スタッフが、ドレスの調整をお手伝いしました。スラリと背が高くてお綺麗でした。どうぞお幸せに!
 さて、それから螢泉庭さんで、音楽会の打ち合せです。ポスター・プログラム・席札なども私が作ります。
 前日のセッティングのお手伝い、当日の受付、司会、給仕のお手伝いと接客、ワインとソフトドリンクの手配などもします!だって主催者なのですから。
 御手洗先生はちょうど、ピアニストの方と螢泉庭さんでランチをしてらっしゃるところへ私もデザートから合流。
 梅雨の季節らしいお庭の眺めの中、この日、螢泉庭さんはほぼ満席。
c0012470_22384257.jpg

 ピアノの調子を確かめるために、山根浩志さんがこのようにピアノを弾き始めました。
c0012470_2239381.jpg
 
素敵!いっぺんでファンになってしまいました。居合わせたお客様も、一切の声もなく静止してしまい釘づけに。コーヒーを飲み終わった方もそのまま。中には、映画館に座るみたいに、椅子の向きを変える方も。
 でも、プロの方の方は、ヴィクトリア朝時代の130年前のピアノは、もう早い音の鍵盤がつぃてこないのだそうで、曲目を変えようか・・・ということに。
 「シベリウスは外さないで」と私。「ショパンも聴きたい」と螢泉庭さん。



 そして、1曲だけ削って、その代りImprovisation~何と即興演奏を入れることになりました。
それから、ピアノを壁から話してみたり、窓を全部開けてみたりして、音を調整。窓を全部開けて当日弾くことになりました。
 
c0012470_23375025.jpg


by elizekan | 2011-06-16 22:36 | エリゼ館日記 | Comments(0)


<< ソフトドリンク      忙しい1日 >>