エリゼ館便り 

elize.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 30日

ピックアップ

今日はギャラリー展示の最終日でしたが、駆け込みで色々な方がいらっしゃいました。2~3日前に知ったという方もありました。今回とても盛況でいらしたのは、カフェ・ド野ぐるめさんと上村篁月先生のグループです。
 上村先生はとても素敵な女性、素敵な生き方をなさってきた方のようにお見受けします。80代で車の運転が自在で、自由闊達なバイタリティーをお持ちで、お話していると、私の2倍位の早さで、頭が回転し、気配りをしていらっしゃるのを感じます。美しいものが大好きで、とってもポジティブ。それを表現する才能に恵まれて画家としての素敵な人生を送られてきたのを感じます。周りの人も、みんな元気をもらうみたい。
 こちらは、その上村先生の作品。絵からもパワーが伝わってきそうです。カフェ・ド野ぐるめさんでは、会期が終わっても、引き続き彩墨画協会の作品展をされるそうなので、ぜひおたずねください。
c0012470_23485292.jpg

 さて、次は「茶房れん」さんに展示されていた尾崎真吾さんの鉛筆画です。もともと大手企業のTV広告などを手掛けられていて、華々しい賞歴を持っていらっしゃる方ですが、大変謙虚なお人柄とのこと。記念切手のデザインなどもなさっています。
c0012470_23492398.jpg
c0012470_23494473.jpg

 こちらは、プリムヴェールさんに展示している小山禎子さんの水彩画のひとつです。小山先生は、梅光女学院 中学・高校で、美術を教えていらっしゃいます。
 
c0012470_23531422.jpg

 それからこちらは、サビエルカンパーナさんに展示のルイ・イカールの作品。ルイ・イカールは19世紀の作家で、服飾のデザイン、オシャレな女性の絵画で有名になった画家です。  
c0012470_23555063.jpg

 また、エリゼ館にはご自分で薔薇を沢山育てて、そのバラを作品に描かれている三戸本江さんの絵をお借りしました。薔薇の講座をしているので、ちょうどこの時期にぴったりだと、以前より思っていたためです。
c0012470_0505856.jpg


by elizekan | 2011-06-30 00:18 | 催し | Comments(0)


<<  梅雨の毎日      今週でラストです。 >>