エリゼ館便り 

elize.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:エリゼ館日記( 34 )


2013年 04月 13日

出来上がるまで。裏方の仕事。

 洋服を企画製作販売するので、裏方の仕事が半分あります。それに思考時間をたっぷりかければかけるほど、出来上がりが良くなります。以前は、造作家具のデザインをしていましたが、プロセスは同じ。細かいことに気を使えば使うほど良いものになります。
 色々な用事でそれがなかなかできないと、気分がすぐれません。
 型がきまったら、生地、ファスナー、ボタン、ホックなどの部品から品質表示、洗濯表示、指示書など揃えます。右下のファイルに入っているのはそれぞれのデザインパターンです。洋服の設計図ですね。
 昨年、毎日半年かかってスタッフのNさんと作りました。別のファイルにも入っています。Nさんも大変だったと思います。
 オリジナルって大変ですが、今日は韓国からの旅行の女性の方々が入って来て、「オリジナル?」と熱心に見てそれぞれ購入して帰られました。自分の洋服が海外へ旅立つのは嬉しいことです!

c0012470_0265689.jpgc0012470_0272191.jpg

by elizekan | 2013-04-13 09:16 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2013年 03月 18日

フィッティングスペースをちょっと変更

c0012470_0192674.jpgc0012470_0193822.jpg
これまでパーティションで仕切っていたフィッティングスペース。
使いにくくてご迷惑をおかけしました。
天井からの間仕切りカーテンで、もっと快適になったと思います。

by elizekan | 2013-03-18 00:27 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2013年 03月 12日

今日のおすすめ

最近、母娘姪といった世代別の方々が一緒にみえて、それぞれ選んでくださることが、よくあるようになりました。このジャケットもそのひとつ。
c0012470_132833.jpg

 さて、次はどちらが母用で、どちらが娘用でしょうか?  答えは、向かって左がお母様、右がお嬢さん用になりました。c0012470_2253561.jpg
 

5段のティアードスカート。定番のオリジナルにしています。こちらは、キャリアの女性に人気です。透けず、シワにならず、さっと洗えて動きがきれい。
c0012470_2324692.jpg

 季節を通じて色んな柄で作製しています。(右)c0012470_2363130.jpg


 それから、セクシーなお洋服が好きという方が選んだワンピース。おとなかわいくて、シルエットがきれいでしょ?(下)
c0012470_2313699.jpg


by elizekan | 2013-03-12 01:03 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2013年 02月 11日

フラメンコの夜

c0012470_14311617.jpg

ここは「フェリース 風の見える丘」 スペインがモチーフです。
c0012470_14313551.jpg
c0012470_14315118.jpg

c0012470_1437898.jpg

c0012470_1432392.jpg

こんな雰囲気の中で、パエリアなどのお料理とフラメンコを楽しみました。
c0012470_14322151.jpg

スペインから歌手のエマヌエル・ソトさんが来日、(中央男性)。急遽結成されたメンバーのツァーで。明日は京都での公演だそうです。フェリースの10周年で、素敵な催しが沢山あるようです。
c0012470_14323338.jpg
c0012470_14324654.jpg

11日は午後から、このチャペルで、スペインの次世代のテナーといわれる、ピクトル・ディアスさんのコンサートがあったのですが、時間が取れなくて残念!

by elizekan | 2013-02-11 14:40 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2013年 01月 21日

ビアニスト

c0012470_2221986.jpg

雪のちらつく日の午前中、ビアニストの尾形大介さんが立ち寄られました。
尾形さんは、ウィーンと日本で演奏活動をされていて、オーストリアの国家資格を持つ演奏者の一人です。
オーラがあって、この人の演奏聴きたい!と思わせる雰囲気があります。
 尾形さん曰く、長府の壇具川の道は、ウィーンのハイリゲンシュタットにある、べートーべンの散歩道に似ているそうです。

by elizekan | 2013-01-21 18:30 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 18日

12月のパーティー

c0012470_19104077.jpg
c0012470_19105719.jpg
c0012470_19111519.jpg
c0012470_19113965.jpg
c0012470_1912516.jpg


c0012470_19122465.jpg
c0012470_19124477.jpg
c0012470_19134025.jpg
c0012470_1914794.jpg


by elizekan | 2011-12-18 15:09 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 16日

上海11 上海の街角~プラタナス

 行く前に思っていた上海と実際の上海は・・・ピッタリでした!
 上海には、おしゃれなイタリアン・フレンチのレストランも沢山あるし、地元の若い人たちで賑わっていました。
 欲しいものも沢山あったので、また次も個人旅行で行きたいです。
 そして、街路樹!こんなに沢山の何千何万ものポプラを見たのは初めてです。中国の建物の通りにも、西洋建築の通りにも、見上げればそこにはいつも、プラタナスの葉がアーチを作るほど繁っています。

c0012470_046567.jpg

c0012470_049851.jpg
c0012470_0494045.jpg
c0012470_050203.jpg
c0012470_051794.jpg
c0012470_0515123.jpg
c0012470_0521945.jpg
c0012470_052599.jpg
c0012470_11849.jpg
c0012470_1185574.jpg
c0012470_1195032.jpg
c0012470_121668.jpg


by elizekan | 2011-12-16 15:54 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 15日

上海10 上海のファッション

中国最大の経済都市の上海は、オシャレなものが沢山ありました。若い女性の人たちは、ブーツが圧倒的なのは日本と同じだけど、コートとかもう少しカラフルな色を楽しんでいるようでした。
 特に今回思ったのは、新天地などで見かける欧米人の人たちがジーンズにダウンではなく、柄物のニットワンピースとか、豫園でのスナップに偶然写ってる人のように、とてもスタイリッシュな服装でした。
 もともとチャイニーズドレスはシルクでボディコンシャスなラインが基本のせいか、上海のパターンはラインがカッコイイ。というわけで、カシミヤのコートをエリゼ館のラインナップに買ってきました。中国製でも大量生産されたものではなく、イージーオーダーおよびオーダーメイドで作っているところのものです。

c0012470_23262720.jpg

c0012470_2317259.jpg
c0012470_23171029.jpg
c0012470_23171825.jpg


by elizekan | 2011-12-15 23:33 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 14日

上海9 上海の郵便局~百貨店~カルチャースクール(?)

上海のポストはダークグリーンでした。
c0012470_0134832.jpg

 こちらが郵便局です。
c0012470_0234890.jpg

 ニューイヤーカード。風水の絵。買って帰って飾っています。
c0012470_014473.jpg

 そして、なぜかワインも売っていた。
 こちらがそのアイスワインです。お正月に飲みたいと思います。
c0012470_018275.jpg

 これは南京西路にある上海第一百貨店です。
c0012470_0502363.jpg
 
 デパ地下はどんな感じでしょうか?
c0012470_051873.jpg

 ワイン売り場はフランスのワインも沢山あって、充実しています。紹興酒とかより断然多い。
c0012470_0514990.jpg

  特選品コーナーには、燕の巣・冬虫夏草が並んでいました。
c0012470_0521486.jpg

 それから、この小さな電車のような3両編成のミニバス・・・人が歩いてるのと同じ舗道をゆっくり走ります。料金は2元払うと乗せてくれます。短い距離で、また元に戻ってきます。長府に似合いそうでした。
c0012470_0574714.jpg

 
 お茶道具専門店のビルの屋上です。きれいに手入れされた植物の鉢が沢山ならんでいて、屋上庭園風。とても整然として、感じが良かったので、私はひとりで散策。ウサギや小鳥も飼われています。 
c0012470_17154845.jpg

c0012470_17104848.jpg

 武術のようなポーズをしている人がいたり、下の写真の部屋では、若い人たちが楽器の練習をしているらしく、日本の琴の半分位の長さのきれいな弦楽器が沢山壁にかけてありました。部屋の雰囲気も良かったです。私が部屋を出て歩いていると、さっき弾いていた若い女性が追いかけてきて、Are you a Japanese? と話しかけてきたので、Yes,と言うとにこにこして、「あの人が先生です。」と、そばにいるやはり若い女性の方を紹介してくれました。「今まで見たことがない楽器だけど、チャイニーズハープ?」と聞くと「ルートゥ(私にはそう聞こえた。)」ということでした。時間があれば、写真を撮らせていただいたり、練習を聞かせていただけたと思います。
 


c0012470_17114393.jpg


by elizekan | 2011-12-14 01:04 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 13日

上海8  豫園

 
c0012470_21133428.jpg

 こちらは上海の観光地として、ワイタンと並んで有名な豫園です。この赤い建物が圧巻で城塞のようにぐるりと囲んでいます。これは国営のお土産屋さんの壮大なテナントというところです。そして、この中に、中国の役人だった人が私邸として作った名園があり、それが有名で観光地になったのです。
c0012470_215926.jpg

周囲の賑やかさとは全く異なる静かで穏やかな庭園です。
c0012470_23132727.jpg

このバルコニーから向こうの橋が見えます。人が渡ると、水面に姿が映ります。
c0012470_23135165.jpg

その姿を見て、結婚相手を判断していたそうです。
c0012470_003890.jpg
c0012470_01619.jpg
c0012470_013754.jpg


by elizekan | 2011-12-13 21:24 | エリゼ館日記 | Comments(0)