エリゼ館便り 

elize.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 15日

女性一人でも楽しく飲めるワインバー。おすすめです。

 下関のカモンワーフ前の国道反対側、亀山八幡宮境内下に、長州屋台村がオープンしました。
c0012470_22435373.jpg

 今半分位のお店がオープンしていますが、そのひとつエノテカオットーがこちらです。
イタリアでソムリエールの資格を取ったつじのゆみさんが、イタリアやシチリアのワインを中心に、とても美味しいワインを提案してくれます。
c0012470_22441514.jpg

c0012470_22452481.jpg

スキアーバ、ネロダボーナ・・・って何のことかわかります?これがシラー、カベルネ、シャルドネ・・・・となれば、ワインの葡萄の品種だとわかるのですが。 
 下の写真のワインは澄んだきれいな赤。ピノノワールみたいですが、これがスキアーバという品種から採れたワインです。ドイツに近い、北イタリアのKartererseeというワインでした。
c0012470_22444396.jpg

次に「今度はスパイシーなのを」とリクエストすると、つじのさんがすすめてくださったのが、こちら。
シチリア島のSitare Rudiniというワイン。葡萄の品種はシラー、カベルネ、メルロー、ネロダボーナの4種類
のブレンドです。このネロダボーナというのが、シチリアの土着品種の葡萄です。
c0012470_2245220.jpg

勧めていただくワインがどれも美味しく、グラスワインが¥400~¥800円の設定で、つじのさんの確かな選定と、葡萄の種類や感想をちょっとメモしておけば、ワインを知りたい方にはとってもためになる・・・と思ったのでした。こういうお店が下関にあるってとてもいいな・・と思います。

by elizekan | 2010-12-15 22:55 | ワイン | Comments(0)
2010年 12月 09日

木の実とスパイスのクリスマスの飾り

c0012470_13293072.jpg
c0012470_13295381.jpg
c0012470_13303410.jpg
c0012470_16163399.jpg

 秋から冬はハーブよりも、果実や木の実が沢山あります。それで、木の実とスパイスの手工芸をなさっている新藤照美さんに、クリスマスの飾りを提供していただきました。
 新藤さんとは、何年も前、リース作りなどのイベントをしたとき、参加してくださったのがご縁です。その後、新藤さんのザルツブルグシェンカ―という、オーストリアの手工芸の写真を見せていただきました。
 ヒノキ、メタセコイア、まてばしい、タマラックコーン、やしゃぶし、ブナ、このてがしら、杉の実、グローブ、シナモンなどを使ったもので、今回小さな木の実の飾りを作っていただき、エリゼ館スタッフとの合作で、ブローチにしました。クリスマスの雰囲気にピッタリなので、どうぞご覧ください。

by elizekan | 2010-12-09 13:31 | 催し | Comments(0)
2010年 12月 07日

ローズマリー

 ローズマリーはとても立派なハーブ。一度植えておけばどんどん茂ってくれます。冬、ほかのハーブがないときでも、ローズマリーは大丈夫。そこで小枝を切って洗い、このまま不織布のような空気が通る布や紙に包んで冷蔵庫に入れておきます。数日で乾燥ハーブが出来上がり。
 このやり方は、マーサ スチュワートさんのTV番組を見て習いました。(私はマーサ スチュワートさんの信奉者です!)
c0012470_17332056.jpg

 乾燥したローズマリーの葉を、大匙1杯位オーガンジーなど生地に包みます。周りにも布を巻いて花の形に整えて、ビーズを散らし、裏にブローチピンを付けます。ローズマリーの香りのコサージュができました。
c0012470_17333321.jpg


by elizekan | 2010-12-07 18:06 | バラとハーブ | Comments(0)