エリゼ館便り 

elize.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

山口ワイナリー

 年の瀬も押し詰まって、ふと思いついて「山口ワイナリー」(山陽小野田市)へ行きました。宮崎県の「都農ワイナリー」のワインが美味しいので、日本のワインにトライしてみようと思っていました。こちらが左からカベルネフラン、カベルネソーヴィニヨン、シャルドネの各ワインです。下がシャルドネの樹です。
c0012470_2054452.jpg
c0012470_20543631.jpg

c0012470_20544954.jpg

こちらがワイナリー。試飲できます。
c0012470_2055410.jpg

今度、葡萄の実が実っているときに訪れて、それぞれの葡萄の品種も実際に見たいと思います。
この夜は、近くの方からふく刺しとふくちりの夕食に呼んでいただきました。
c0012470_20555823.jpg

そのワインも美味しかったです。今年は最後の最後まで、ありがとうございました。
c0012470_20561253.jpg


by elizekan | 2011-12-31 21:20 | ワイン | Comments(0)
2011年 12月 29日

歳末チャリティー作品展

 12/28下関大丸7階で山口新聞主催の「歳末チャリティー作品展」が開催され、友人の紹介で初めて参加しました。
 萩焼の有名作家の作品を中心にしたチャリティーで、洋服は場違いのような気もするし、参加することに意義がある、くらいのつもりで、さりげなく参加させていただこうと思っていたのでした・・・が、前日の山口新聞に大きくこのチャリティーの記事が載っていて、初出店 エリゼ館と重ねて書かれてあるのを、日も暮れかかった頃偶然目にして、私はすっかり慌ててしまいました!
 什器備品はすべて大丸さんが貸してくださるのですが、洋服なのに、ミラーもマネキンも試着室もお願いするのを忘れていたのでした。自分でミラーとマネキンを車に積んで、持ち込みました。
 意外にも、皆さん熱心に洋服を見てくださって、お買い上げいただいたので、エリゼ館も歳末チャリティー寄付に貢献することができました。このように私個人の力を超えたチャリティーがお客様と協同してできたことは、とても嬉しいことでした。また、仕事や洋服が直接チャリティーに結び付いたのも、私にとって初めてのことで、大きな喜びです。どうもありがとうございました。

by elizekan | 2011-12-29 22:45 | 催し | Comments(0)
2011年 12月 26日

12月のワインの集まり

 今年ラストのワイン会は、私たちが幹事だったので、長府の彩席古江小路にお集まりいただきました。
 15人でとっても賑やか。2次会もお隣の部屋で深夜まで。
c0012470_2331861.jpg
c0012470_23312552.jpg
c0012470_23315645.jpg
c0012470_23345226.jpg
c0012470_2335663.jpg
c0012470_23352250.jpg

 ふくを使ったお料理でしたが、ホンワカ温かで、美味しくワインが飲み易くて良かったです。
 もっとお料理をご覧になりたい方は、undressさん12/23 のブログをご参照ください!
 
c0012470_23353875.jpg

 さて、こちらは交換プレゼント。あみだくじで決めます。
c0012470_2047850.jpg

 私は、エコ加湿器とコラーゲンセットが当りました。これでぷるぷるお肌になれるかな?それにしても、色々なプレゼントを皆様工夫して選んでらっしゃって、勉強になりました。
   
 今日のワインリスト
Arnaud de Cheurlin Brut Rose NV
Felton Road Chardonnay Elms SC ’09
Ch.Beauregard Pouilly Fuisse Grand Beauregard Hommage Joseph Burrier ’05
 ★これはおすすめ
Felton Road Pinot Noir SC ’08
Ch. Latour a Pomerol ’06
Beringer Private ReserveCabernet Sauvignon ’07
Baronne Pauline ’03 Sauternes Baron Philippe de Rothschild

 色々なことの起こった1年でしたが、こうして皆様と美味しくワインをいただける年末を迎えられたことを、感謝したいと思います。来年は世界が穏やかでありますように・・・。

by elizekan | 2011-12-26 09:27 | ワイン | Comments(0)
2011年 12月 18日

12月のパーティー

c0012470_19104077.jpg
c0012470_19105719.jpg
c0012470_19111519.jpg
c0012470_19113965.jpg
c0012470_1912516.jpg


c0012470_19122465.jpg
c0012470_19124477.jpg
c0012470_19134025.jpg
c0012470_1914794.jpg


by elizekan | 2011-12-18 15:09 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 16日

上海11 上海の街角~プラタナス

 行く前に思っていた上海と実際の上海は・・・ピッタリでした!
 上海には、おしゃれなイタリアン・フレンチのレストランも沢山あるし、地元の若い人たちで賑わっていました。
 欲しいものも沢山あったので、また次も個人旅行で行きたいです。
 そして、街路樹!こんなに沢山の何千何万ものポプラを見たのは初めてです。中国の建物の通りにも、西洋建築の通りにも、見上げればそこにはいつも、プラタナスの葉がアーチを作るほど繁っています。

c0012470_046567.jpg

c0012470_049851.jpg
c0012470_0494045.jpg
c0012470_050203.jpg
c0012470_051794.jpg
c0012470_0515123.jpg
c0012470_0521945.jpg
c0012470_052599.jpg
c0012470_11849.jpg
c0012470_1185574.jpg
c0012470_1195032.jpg
c0012470_121668.jpg


by elizekan | 2011-12-16 15:54 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 15日

上海10 上海のファッション

中国最大の経済都市の上海は、オシャレなものが沢山ありました。若い女性の人たちは、ブーツが圧倒的なのは日本と同じだけど、コートとかもう少しカラフルな色を楽しんでいるようでした。
 特に今回思ったのは、新天地などで見かける欧米人の人たちがジーンズにダウンではなく、柄物のニットワンピースとか、豫園でのスナップに偶然写ってる人のように、とてもスタイリッシュな服装でした。
 もともとチャイニーズドレスはシルクでボディコンシャスなラインが基本のせいか、上海のパターンはラインがカッコイイ。というわけで、カシミヤのコートをエリゼ館のラインナップに買ってきました。中国製でも大量生産されたものではなく、イージーオーダーおよびオーダーメイドで作っているところのものです。

c0012470_23262720.jpg

c0012470_2317259.jpg
c0012470_23171029.jpg
c0012470_23171825.jpg


by elizekan | 2011-12-15 23:33 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 14日

上海9 上海の郵便局~百貨店~カルチャースクール(?)

上海のポストはダークグリーンでした。
c0012470_0134832.jpg

 こちらが郵便局です。
c0012470_0234890.jpg

 ニューイヤーカード。風水の絵。買って帰って飾っています。
c0012470_014473.jpg

 そして、なぜかワインも売っていた。
 こちらがそのアイスワインです。お正月に飲みたいと思います。
c0012470_018275.jpg

 これは南京西路にある上海第一百貨店です。
c0012470_0502363.jpg
 
 デパ地下はどんな感じでしょうか?
c0012470_051873.jpg

 ワイン売り場はフランスのワインも沢山あって、充実しています。紹興酒とかより断然多い。
c0012470_0514990.jpg

  特選品コーナーには、燕の巣・冬虫夏草が並んでいました。
c0012470_0521486.jpg

 それから、この小さな電車のような3両編成のミニバス・・・人が歩いてるのと同じ舗道をゆっくり走ります。料金は2元払うと乗せてくれます。短い距離で、また元に戻ってきます。長府に似合いそうでした。
c0012470_0574714.jpg

 
 お茶道具専門店のビルの屋上です。きれいに手入れされた植物の鉢が沢山ならんでいて、屋上庭園風。とても整然として、感じが良かったので、私はひとりで散策。ウサギや小鳥も飼われています。 
c0012470_17154845.jpg

c0012470_17104848.jpg

 武術のようなポーズをしている人がいたり、下の写真の部屋では、若い人たちが楽器の練習をしているらしく、日本の琴の半分位の長さのきれいな弦楽器が沢山壁にかけてありました。部屋の雰囲気も良かったです。私が部屋を出て歩いていると、さっき弾いていた若い女性が追いかけてきて、Are you a Japanese? と話しかけてきたので、Yes,と言うとにこにこして、「あの人が先生です。」と、そばにいるやはり若い女性の方を紹介してくれました。「今まで見たことがない楽器だけど、チャイニーズハープ?」と聞くと「ルートゥ(私にはそう聞こえた。)」ということでした。時間があれば、写真を撮らせていただいたり、練習を聞かせていただけたと思います。
 


c0012470_17114393.jpg


by elizekan | 2011-12-14 01:04 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 13日

上海8  豫園

 
c0012470_21133428.jpg

 こちらは上海の観光地として、ワイタンと並んで有名な豫園です。この赤い建物が圧巻で城塞のようにぐるりと囲んでいます。これは国営のお土産屋さんの壮大なテナントというところです。そして、この中に、中国の役人だった人が私邸として作った名園があり、それが有名で観光地になったのです。
c0012470_215926.jpg

周囲の賑やかさとは全く異なる静かで穏やかな庭園です。
c0012470_23132727.jpg

このバルコニーから向こうの橋が見えます。人が渡ると、水面に姿が映ります。
c0012470_23135165.jpg

その姿を見て、結婚相手を判断していたそうです。
c0012470_003890.jpg
c0012470_01619.jpg
c0012470_013754.jpg


by elizekan | 2011-12-13 21:24 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 13日

上海7 食べ物

c0012470_17225069.jpgこちらは、伝統的な中国料理のお店です。お茶の緑色で模様を付けたお粥。小さなお椀に取り分けても、お店の人が注ぐと、同じ模様になりました。
c0012470_17234166.jpg
c0012470_17235861.jpg
c0012470_17241461.jpg

 いつものカメラがなくて、またまた真っ暗な写真ですが、ここはバリラグ―ナという、オシャレで人気のあるインドネシア料理店。靜安公園の池の中に建っていて、素敵なレストラン。ここも満席。パイナップルに詰めた料理とか色々ありました。
c0012470_17255522.jpg

宿泊したヒルトンの部屋から真下に見えましたので、アップします。ビルの中に森があります。立体道路の向こう側の木立にある屋根がこのレストランです。
c0012470_17262911.jpg
c0012470_17271838.jpg


by elizekan | 2011-12-13 17:29 | エリゼ館日記 | Comments(0)
2011年 12月 13日

上海6 街中の飲食店

 さてこちらは、観光客向けのお店ではなく、ほとんど上海の人たちが利用している飲食店です。日本で言うと、居酒屋または焼き鳥屋さん位のカジュアル感。
 56席あるテーブルはすべて満員。皆さん楽しそう。
c0012470_23594323.jpg

 こちらは会社の同僚でしょうか。
c0012470_003935.jpg

 さて、この人たちが食べているのは・・・・・・こちら「火鍋」です。
c0012470_01469.jpg

沢山の薬味やトッピングが並んでいるけど、どれにしていいかわからない。
c0012470_01271.jpg
 火鍋の具は海鮮と野菜と豚肉にしました。本当はもっと美味しいものがあるのかもしれませんが。
c0012470_02429.jpg
c0012470_023174.jpg

 300人くらいの人が席について食事中で、さらに100人くらいの人が順番を待っているという、人気の火鍋のチェーン店です。
c0012470_043381.jpg

 そして、びっくりしたことが・・・・。待っている人たちに次から次に、お茶・オレンジ・ピーナツ・ゆで卵・トマトなど無料で配り続けるのです。そしてトイレから出てきて、手を洗うと、スタッフが待っていて、手を拭いてくれてハンドクリームを塗ってくれます。碁のような卓上ゲームを貸してくれて、さらにマニキュアコーナーも。
c0012470_025118.jpg
c0012470_032913.jpg


by elizekan | 2011-12-13 00:08 | エリゼ館日記 | Comments(0)